ホーム > 生活 > カルボマーを含む化粧品の効果や注意点

カルボマーを含む化粧品の効果や注意点

化粧品に良く使用されている「カルボマー」って御存知ですか?
これは、"とろとろ"や"ぷるぷる"いった、テクスチャーの、
化粧品に良く使われているもので、水溶性合成樹脂です。


多くの水分量を蓄えることができるものですので、
赤ちゃんの紙おむつなどにも使用されているものなのですが、
肌への浸透力は、高くはなく、一見"とろとろ"や"ぷるぷる"して、
潤っているように見えても、浸透はしていないものなんです。


また、私たちのお肌には常在菌が常に居ますが、
これらは、肌を弱酸性に保つために、悪玉菌を増やさないために、
保湿成分を作るために重要な菌です。


カルボマーは、この常在菌にとって、エサでもなく、
分解できるものでもないため、使い続けてしまうと、
常在菌そのものの数が減少して、お肌に悪い影響を与えてしまうのです。


お肌に乗せた感触は、非常に気持ちが良いものではありますが、
基礎化粧品を選ぶ時は、なるべくカルボマーが含まれていないものが理想ですね。


PR)化粧品やおしゃれに気を使う方におすすめ


関連記事

  1. カルボマーを含む化粧品の効果や注意点

    化粧品に良く使用されている「カルボマー」って御存知ですか?これは、"とろとろ"や...

  2. 在留資格認定

    在留資格認定について、知り合いの外国人に聞いて見たのですが、彼も良く知らないとい...